« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

2013年7月

ニコニコ生放送「どこもかしこもブラック企業!?成瀬久美の何でも聞いちゃうぞ!」

ニコニコ生放送の番組に呼んでいただきました。

http://live.nicovideo.jp/watch/lv144364951

どこもかしこもブラック企業!?成瀬久美の何でも聞いちゃうぞ! (番組ID:lv144364951)

2013/07/26(金) 開場:19:57 開演:20:00

この番組は2013/07/26(金) 21:17に終了いたしました。
来場者数:965人 コメント数:884

安倍自民圧勝で日本企業ブラック化の時代がやってくる!

日本の潜在貧困率は先進国中ワースト1なのをご存知ですか?
安倍首相は、「日本を世界でいちばん企業活動のやりやすい国にする」 と言っているが、
これって働く人から搾り取れるだけ搾り取ろうって話じゃないの?

みんなわかっているのだろうか?
わかって自民党に投票したのか?
「庶民から奪い、企業に還元する」そんな政治が始まろうとしている。

【キャスター】
イッシン山口(元ゴルフ週刊誌記者)
成瀬久美

【ゲスト】
プレカリアートユニオン書記長でライターの清水直子さん

チャンネル入会はこちらから
↓↓↓↓↓↓↓↓↓
https://secure.ch.nicovideo.jp/bylaw/ch869

2013072810400000

2013072810060000

猫たちも元気です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

社長に文句を言うのは勇気がいります。投票は簡単です。選挙へ行きましょう!

 非正規雇用や比較的若い世代が集まるプレカリアートユニオンという労働組合で、日々、労働相談を受け、ブラック企業とよばれるような会社とも交渉をしています。
 今、女性と若い世代の2人に1人は非正規雇用。正社員ではない、アルバイト、パート、派遣、契約社員などの非正規雇用です。わざわざ1ヶ月、3ヶ月、長くても半年、1年と契約期間を区切られた、いつ雇い止めにされるかわからない不安と隣り合わせ、先が見えにくい働き方です。こんなに非正規雇用を増やしてきて、さらに増やそうとしているのは誰でしょうか。
 オレオレ詐欺が後を絶ちません。テレビでタクシーから数万円のお金を脅し取った、コンビニから小銭を盗んだ、そんなニュースが流れたときに、「あんな犯罪を犯しても割が合わない。まじめに働いた方が得だよ」、今まではそう言えました。今もそう言えるでしょうか。
 雇用が不安定になり、割の合わない仕事が増えています。目端の利く人やよほどのエリートではない、普通の人が、普通に働いて、ささやかな将来を描きながら生きていく、そんな雇用がどんどん壊されて、安く使い捨てにされるような仕事に置き換えられています。雇用が不安定化すると社会が不安定化してしまいます。雇用を壊すと社会の基盤が根底から崩れてしまいます。
 私たちが便利で比較的治安のよい状態で暮らしていられるのはなぜか。矜持を持ってそれなりにまじめに働く人がいるからこそではないでしょうか。トラックドライバーの組合員は、給料が20年前の半分になりました。残業代は払われない、運んでいる商品に少しのキズが付けば給料からお金を引かれて弁償させられる。物流の根幹を支えているドライバーの仕事がキツイだけで割に合わない仕事になっています。人が、支えているこの社会、人を使い潰しては成り立ちません。その上、若者を使い潰して使い捨てる、ブラック企業にお墨付きを与えたくありません。
 働く意欲を削がれるようなひどい環境の仕事、残業代を払わない、急にクビにされる、パワハラが蔓延している、食べていけない、そんな仕事をこれ以上増やしてはいけません。
 自民党安倍首相が政権が代わって、雇用は六十万人増えたと宣伝しているそうですが、増えたのは非正規雇用です。自民党の安倍政権は、正社員の解雇を自由化しようとしています。残業代を払わなくてよい仕組みを作ろうとしています。これは今、ブラック企業がやっていることです。自民党の暴走を食い止めましょう。
 社長に文句を言うのは勇気がいります。投票は簡単です。働いて生きていく私たちの未来がかかる選挙。投票へ行きましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『週刊金曜日』(2013年7月12日/951号)に「赤石千衣子さんに聞く 参院選、雇用政策の争点」の記事を書きました

『週刊金曜日』(2013年7月12日/951号)も、参院選特集で、「赤石千衣子さん(しんぐるまざあず・ふぉーらむ)に聞く 参院選、女性政策の争点 女性が安く“活用”される未来が現実に」という記事を書きました。

2013071314540000




http://www.kinyobi.co.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »