« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年11月

『女のしんぶん』(2012年11月25日号)連載・たたかう女たち(7)自治労町田市図書館属託労組の野角裕美子さん

I女性会議が発行している『I女のしんぶん』で「たたかう女たち」という連載を担当しています。連載7回目の2012年11月25日号では、自治労町田市図書館属託労組の野角裕美子さんに登場していただきました。

*****

今年の連合主催の第83回メーデー中央大会で、非正規雇用の代表が初めて壇上で発言した。「雇い止めのない安心して働ける職場を」と訴えたのは、町田市内の図書館で11年間嘱託職員として働いている野角裕美子さん(52歳)。2007年に自治労町田市図書館嘱託員労働組合を結成し、執行委員長を務める。
 結成時54人だった同労組には、現在、町田市の図書館で働く嘱託員110人のうちほぼ全員が加入。組織力を背景に町田市と交渉を重ね、嘱託職員の報酬ベースアップ、育児・介護休暇などを獲得してきた。(以下、紙面をご覧ください)

*****

2012112422350000

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自由と生存の野菜市3周年 11月から【第4土曜日午前】開催に

自由と生存の野菜市3周年 11月から【第4土曜日午前】開催に

毎月第4土曜日10時~13時に開催日時を変更します!
リヤカーでの引き売りに力を入れます
自由と生存の家B102号室でも今まで通り販売します

新鮮な無農薬・減農薬野菜を販売する 自由と生存の野菜市
毎月第4土曜日10~13時
自由と生存の家B102(丸ノ内線四谷三丁目2番出口出て右、交番の前を通過し、日高屋の角を右、床屋の角を左)
〒160-0005東京都新宿区愛住町3 B-102
電話・FAX 03-6273-2517 mail : info@freeter-jutaku.org

         □□■ごあいさつ■□□
2009年10月から毎月1~2回開催してきた自由と生存の野菜市も3周年を迎えました。非正規雇用で働く仲間も安心して暮らすことができる住宅を確保しようと始めた自由と生存の家(http://freeter-jutaku.org/)の庭で、長く失業状態にある仲間の仕事を作ろうと「野菜市」を開催してきました。「家がないから家を作った。仕事がないなら事を作ろう」を合い言葉に、生協や有機農家のご協力を得て、地域のみなさんに新鮮で美味しい安全な野菜を提供することで、新しい仕事を作ろうと取り組んでいます。現在は、フルタイムで働くのが困難な仲間の「半就労・半福祉」の就労やリハビリ労働の場になっています。

これまで日曜日に開催してきましたが、野菜の入荷の都合などにより、今月から第4土曜日10~13時に開催日時を変更し、大通りをはじめ、買い物弱者と呼ばれるご高齢者の多い地域もカバーするリヤカーでの引き売りをメインに販売することにいたしました。同じ時間帯に、これまで通り自由と生存の家B102号室内でも、野菜の販売を行います。庭より販売スペースは狭くなりますが、扱う野菜の種類は変わりません。今後は、暑さ、寒さ、雨、雪など、天候にかかわらず、安心してお買い物いただけますので、引き続き、ぜひご利用ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『週刊金曜日』(2012年11月23日号)に小久保哲郎さんに聞く「生活保護をめぐるこれだけのウソ」の記事

『週刊金曜日』(2012年11月23日号)に小久保哲郎さん(生活保護問題対策全国会議事務局長/弁護士)に聞く「生活保護をめぐるこれだけのウソ」のインタビュー記事を書きました。

今号は、解散・総選挙特集と合わせて、「生活保護の引き下げが招く市民生活全体の切り下げ」として、生活保護特集を組んでいて、雨宮処凜さん、稲葉剛さん、吉永純さんの記事も掲載されています。ぜひ、ご覧ください。

2012112123580000

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『現代用語の基礎知識2013』(自由国民社)の「貧困と社会」のページを執筆

『現代用語の基礎知識2013』(自由国民社)の「貧困と社会」のページを執筆しました。

http://www.jiyu.co.jp/gendaiyougo/detail.php?eid=01644&series_id=s01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

編集協力した鈴木剛著『解雇最前線 PIP襲来』(旬報社)が発売

編集協力した鈴木剛著『解雇最前線 PIP襲来』(旬報社)が発売されます。著者の鈴木さんは、東京管理職ユニオンの書記長で運動の仲間です。ただいま予約受付中。

http://www.amazon.co.jp/%E8%A7%A3%E9%9B%87%E6%9C%80%E5%89%8D%E7%B7%9A-PIP%E8%A5%B2%E6%9D%A5-%E9%88%B4%E6%9C%A8-%E5%89%9B/dp/4845112906/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1352820260&sr=8-1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『社会新報』2012年11月14日号ひと欄・新手のリストラ(PIP)に警鐘を鳴らす鈴木剛さんの記事

『社会新報』2012年11月14日号ひと欄に、新手のリストラ(PIP)に警鐘を鳴らす東京管理職ユニオン書記長・鈴木剛さんの記事を書きました。

*****

PIPは形を変えた退職強要

 大企業を中心に大量リストラが再燃している。この流れのなかで、企業が社員を退職に追い込むための新手の方法が広がっている。
「PIP(パフォーマンス・インプルーブメント・プラン=業務改善計画)などと呼ばれるプログラムを受けさせることで、課題の未達成などとして退職に追い込むやり方です」。
 今月末出版される、『解雇最前線――PIP襲来』(旬報社)の著者で、東京管理職ユニオン書記長の鈴木剛さん(43歳)は語る。(以下は紙面をご覧ください)

2012111221050000

| | コメント (0) | トラックバック (0)

玉川温泉、国見温泉など

11月3日の「全国ユニオン10周年記念シンポジウム&祝う会」。パネリストの萱野稔人さん(津田塾大学准教授) の「新自由主義的政策こそがデフレの原因」、中野麻美さん(弁護士)の「雇用に関する主張のウソを見破ることが重要」という発言が印象に残っています。

その日の夜行バスで岩手と秋田の間あたりの温泉へ。尊敬すべき温泉マニアのみなさまの湯治部合宿に参加させてもらいました。

20121104_075502
早朝の奥奥八九郎温泉。

2012110412570001

2012110413020000

2012110412550000

2012110413330000

玉川温泉にも立ち寄りました。強い酸性のお湯で、新入り子猫につけられた細かいひっかき傷が、しみるしみる。源泉100%のお湯では、耐えられず両手だけ出していました。

2012110415480000

2012110415490000
玉川湖の紅葉。

2012110509540000

20121105_091059
国見温泉で硫黄たっぷりのお湯を満喫。

5日朝、ふと宿のテレビをつけたら、NHKの「あさイチ」で「サイレントプア 声なき女性の貧困」として女性の貧困問題を特集していました。脳が一気に、仕事・活動モードに戻りました。さぁ、働こう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »