« 『週刊金曜日』(2012年11月23日号)に小久保哲郎さんに聞く「生活保護をめぐるこれだけのウソ」の記事 | トップページ | 『女のしんぶん』(2012年11月25日号)連載・たたかう女たち(7)自治労町田市図書館属託労組の野角裕美子さん »

自由と生存の野菜市3周年 11月から【第4土曜日午前】開催に

自由と生存の野菜市3周年 11月から【第4土曜日午前】開催に

毎月第4土曜日10時~13時に開催日時を変更します!
リヤカーでの引き売りに力を入れます
自由と生存の家B102号室でも今まで通り販売します

新鮮な無農薬・減農薬野菜を販売する 自由と生存の野菜市
毎月第4土曜日10~13時
自由と生存の家B102(丸ノ内線四谷三丁目2番出口出て右、交番の前を通過し、日高屋の角を右、床屋の角を左)
〒160-0005東京都新宿区愛住町3 B-102
電話・FAX 03-6273-2517 mail : info@freeter-jutaku.org

         □□■ごあいさつ■□□
2009年10月から毎月1~2回開催してきた自由と生存の野菜市も3周年を迎えました。非正規雇用で働く仲間も安心して暮らすことができる住宅を確保しようと始めた自由と生存の家(http://freeter-jutaku.org/)の庭で、長く失業状態にある仲間の仕事を作ろうと「野菜市」を開催してきました。「家がないから家を作った。仕事がないなら事を作ろう」を合い言葉に、生協や有機農家のご協力を得て、地域のみなさんに新鮮で美味しい安全な野菜を提供することで、新しい仕事を作ろうと取り組んでいます。現在は、フルタイムで働くのが困難な仲間の「半就労・半福祉」の就労やリハビリ労働の場になっています。

これまで日曜日に開催してきましたが、野菜の入荷の都合などにより、今月から第4土曜日10~13時に開催日時を変更し、大通りをはじめ、買い物弱者と呼ばれるご高齢者の多い地域もカバーするリヤカーでの引き売りをメインに販売することにいたしました。同じ時間帯に、これまで通り自由と生存の家B102号室内でも、野菜の販売を行います。庭より販売スペースは狭くなりますが、扱う野菜の種類は変わりません。今後は、暑さ、寒さ、雨、雪など、天候にかかわらず、安心してお買い物いただけますので、引き続き、ぜひご利用ください。

|

« 『週刊金曜日』(2012年11月23日号)に小久保哲郎さんに聞く「生活保護をめぐるこれだけのウソ」の記事 | トップページ | 『女のしんぶん』(2012年11月25日号)連載・たたかう女たち(7)自治労町田市図書館属託労組の野角裕美子さん »

プレカリアートユニオン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1009128/47950430

この記事へのトラックバック一覧です: 自由と生存の野菜市3周年 11月から【第4土曜日午前】開催に:

« 『週刊金曜日』(2012年11月23日号)に小久保哲郎さんに聞く「生活保護をめぐるこれだけのウソ」の記事 | トップページ | 『女のしんぶん』(2012年11月25日号)連載・たたかう女たち(7)自治労町田市図書館属託労組の野角裕美子さん »