« 『女のしんぶん』(2012年8月10・25日号)連載・たたかう女たち(5)あかし地域ユニオンの中谷紀子さん | トップページ | 亀が仲間入り »

『人民新聞』2012年8月5日号に市民メディアの今を考えるシンポ記事

『人民新聞』2012年8月5日号に、7月8日、立川で行われた「いま、求められる情報とは」と題して行われたシンポジウムの報告記事を書きました。主催は「市民活動・情報センターを作る会」。パネリストは、素人の乱の松本哉さん、アワープラネットTVの白石草さん、高木学校の山田千絵さん、オフィスエム編集長の村石保さんでした。

*****

昨年の3・11以降、福島第一原発の事故をめぐって、政府やマスメディアが正確な情報を伝えていないと感じた人びとの間で、ツイッターやフェイスブック、インターネットメディアを駆使して、情報を伝える動きが広がった。これを踏まえて、どんな情報が求められていたのか、情報を発信する側、受け取る側がどう動いていけるかを考えるシンポジウムが行われた。主催は、ミニコミ誌などを整理・保存する活動をしている市民活動資料・情報センターを作る会。

*****

|

« 『女のしんぶん』(2012年8月10・25日号)連載・たたかう女たち(5)あかし地域ユニオンの中谷紀子さん | トップページ | 亀が仲間入り »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1009128/46657830

この記事へのトラックバック一覧です: 『人民新聞』2012年8月5日号に市民メディアの今を考えるシンポ記事:

« 『女のしんぶん』(2012年8月10・25日号)連載・たたかう女たち(5)あかし地域ユニオンの中谷紀子さん | トップページ | 亀が仲間入り »