« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月

『社会新報』2012年2月1日号「ひと」欄に自由と生存の家の大平正巳さん

『社会新報』2012年2月1日号「ひと」欄に、非正規雇用でも安心して助け合いながら住める住宅確保事業を行う、一般社団法人「自由と生存の家」代表理事の大平正巳さんの記事を書きました。

自由と生存の家 http://freeter-jutaku.org/

『社会新報』編集部の田中さんがツイッターで記事を紹介してくださいました。https://twitter.com/#!/minorucchu/status/163798729743269889

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サンシャイン水族館

サンシャイン水族館へ行ってきました。リニューアルしてから初めてでしたが、ずいぶんきれいになっていました。便利なところにあるので、休日は混雑しますが、平日ぶらっと訪れて、クラゲのトンネルでぼーっとしていたら気持ちいいかもしれません。

http://www.sunshinecity.co.jp/sunshine/aquarium/

2012011512020000


2012011512250000


2012011512040000


2012011512560000


2012011513210000

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1月28日にVia Moderna(ヴィア・モデルナ)主催のシンポでお話します

非正規労働者問題がテーマのシンポジウムに参加します。詳しくは、【Via Moderna】 のフェイスブックのページなどをご覧ください。

【Via Moderna】 うずくまって死ぬよりはまし! 実行委員会 孤独からぬくもりへ

【うずくまって死ぬよりはまし!Vol.2 】

日時:1月28日(土)17時30分

会場:文京区勤労福祉会館区民会議室

テーマ:「非正規労働者問題」

シンポジスト:清水直子(フリーター全般労働組合)、龍井葉二(連合総研)、河添誠(首都圏青年ユニオン)ほか

チラシ:https://docs.com/G6WJ

参加費:500円

定員:55人

申し込み:公式Twitter (@Via_moderna) にメンション(@)或いはDMを送る。

http://en-gb.facebook.com/pages/Via-Moderna-%E3%81%86%E3%81%9A%E3%81%8F%E3%81%BE%E3%81%A3%E3%81%A6%E6%AD%BB%E3%81%AC%E3%82%88%E3%82%8A%E3%81%AF%E3%81%BE%E3%81%97%E5%AE%9F%E8%A1%8C%E5%A7%94%E5%93%A1%E4%BC%9A-%E5%AD%A4%E7%8B%AC%E3%81%8B%E3%82%89%E3%81%AC%E3%81%8F%E3%82%82%E3%82%8A%E3%81%B8-/144876642261158

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高校の授業で模擬団交をやりたい 『ねざす』45号(2010年5月号)

以前、高校の先生の集まりでお話した内容を元にまとめた原稿が、こちらに掲載されています。

『ねざす』45号(2010年5月号)
財団法人・神奈川県高等学校教育会館 教育研究所

http://www.edu-kana.com/kenkyu/nezasu/no45/syuu-tokusyuu2.htm

高校の授業で模擬団交をやりたい

 「泣き寝入りしないためのフリーター労働入門」 と題した高校の授業で、 私は、 間もなく学校を出る生徒さんたちに、 次の3点だけは覚えておいてほしいと話した。

簡単にクビにはできない
社長が正しいとは限らない
働く条件は変えられる。 力を合わせて

・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『社会新報』2012年1月18日号「ひと」欄に生活保護利用当事者・加藤孝さんの記事「弱くても生きられる社会を」

『社会新報』2012年1月18日号「ひと」欄に生活保護利用当事者の加藤孝さんの記事を書きました。

Photo

見出しは、

生活保護利用当事者として声を上げる

加藤孝さん

弱くても生きられる社会を

加藤さんは、「国や自治体の生活保護制度見直し議論で当事者不在が気になります」「きめ細かく専門的なサポートを行うことで、当事者が社会参加できる割合が高まる。その方が社会的なコストも下がるはず」と話してくれました。「ユニバーサルデザイン」な社会は、強くて長持ちする社会です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

謹んで新年のご挨拶を申し上げます

昨年は、『社会新報』『週刊金曜日』などで、主に労働をテーマに記事を書きました。

『現代用語の基礎知識2012年版』の「貧困と労働」(940ページから)についても書いています。
http://www.amazon.co.jp/dp/4426101301/ref=as_li_ss_til?tag=shimizunaoko-22&camp=1027&creative=7407&linkCode=as4&creativeASIN=4426101301&adid=07YB403ETDWRMBFP11QY&&ref-refURL=http%3A%2F%2Fshimizunaoko.cocolog-nifty.com%2Fblog%2F2011%2F11%2F2012-23f8.html

「マガジン9」にも掲載していただきました。

特別寄稿・清水直子さん
非正規でも、個人でも入れる「フリーター全般労働組合」一人で悩まず相談してください!
http://www.magazine9.jp/other/shimizu/

非正規雇用が安心して暮らせる「家がなければ家を作ろう」と開設した「自由と生存の家」の庭で、「仕事がなければ仕事を作ろう」と毎月第4日曜日に開催中の「自由と生存の野菜市」。地域のみなさん、応援してくださるみなさんのおかげで、2年以上も続けることができました。
http://freeter-jutaku.org/

非正規でも、有期雇用でも、働きながら労働条件をよくするための取り組みも始めました。
http://d.hatena.ne.jp/kumonoami/

今年は、新しい本を出す準備を進めています。

今年も何卒よろしくお願い申し上げます。

ライター清水直子のブログ
http://shimizunaoko.cocolog-nifty.com/blog/

twitter shimizunaoko

facebook Shimizu Naoko
http://www.facebook.com/#!/profile.php?id=100003128783093&viewas=100003128783093&returnto=profile

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »