« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月

東鳴子温泉で湯治+α

2011062513150000 2011062515330000 2011062610040000 2011062611470000

よねざわいずみさんたちとご一緒させていただきました。おかげさまで、安くて楽しい旅にを満喫しました。東鳴子温泉とさくらんぼとスイカ最高! 自炊宿の様子はよねざわいずみさんのブログをご覧ください。

http://feelfine.blog.izumichan.com/article.php?id=33891

http://feelfine.blog.izumichan.com/article.php?id=33879

http://feelfine.blog.izumichan.com/category.php?k=2011%E5%B9%B4%E5%88%9D%E5%A4%8F%E3%81%AE%E3%83%97%E3%83%81%E6%B9%AF%E6%B2%BB%EF%BC%86%E6%9D%B1%E5%8C%97%E6%96%B0%E5%B9%B9%E7%B7%9A%E3%83%BB%E9%99%B8%E7%BE%BD%E6%9D%B1%E7%B7%9A%E3%83%BB%E9%99%B8%E7%BE%BD%E8%A5%BF%E7%B7%9A%E5%85%A8%E9%A7%85%E4%B9%97%E4%B8%8B%E8%BB%8A

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「マガジン9」の記事、ご紹介ありがとうございます

先日、「マガジン9」に寄稿したことをご案内しました。ついったーなどでご紹介いただきありがとうございます。相談窓口や連絡先もていねいにご紹介いただいていますので、どうぞよろしくお願いいたします。

http://www.magazine9.jp/other/shimizu/

特別寄稿・清水直子さん
非正規でも、個人でも入れる「フリーター全般労働組合」一人で悩まず相談してください!

3月の東日本大震災により、「震災切り」といわれる便乗解雇が発生するなど、労働者を取り巻く環境がますます厳しいものになっています。「突然解雇を言い渡されたり、おかしいと思うことにぶつかったときには、まずは相談してほしい」??フリーターでも、1人でも入れる労働組合「フリーター全般労働組合」の清水直子さんから寄稿をいただきました。

■一人でも入れる! 労働組合
 東日本大震災により100万人が失業するとも言われ、その影響は、震災を口実にした便乗解雇も含めて「時給制」「有期雇用」「間接雇用」で働く、雇用が不安定な非正規雇用労働者に、真っ先に現れている。
 その上、福島第一原子力発電所の事故処理を重層下請けの最下層で担わされるのも、非正規雇用の労働者だ。先日も求職中のフリーター全般労働組合の組合員が立川のハローワークの入り口で、「福島県での仕事」「寮あり」「日給2万5千円~3万円」の仕事があると声をかけられた。手渡された求人広告に会社の名前はなく、連絡先として携帯電話の番号が載っているだけだった。
 仕事の実態が分からないまま応募してしまうと、不十分な装備で、給与をピンハネされた上、危険な現場へ送り込まれてしまうことがある。アヤシイと思う求人があったら、まずは私たち「フリーター全般労働組合」に相談してほしい。もちろん、震災を口実にした雇い止め、解雇、派遣切り、休業、そして、生活ができないから生活保護を受給したいといった生活相談も随時受け付けている。 (つづきはマガジン9をご覧ください)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「マガジン9」・『労働法律旬報』に寄稿/自由と生存の野菜市が30回

【お知らせその1】

「マガジン9」に寄稿しました

私がなぜフリーライターになったか、なぜフリーター労組で活動するようになったかも書きました。全文インターネット上でお読みいただけます。相談先もていねいに載せていただきました。ぜひ、ツイッターなどでご紹介ください。

http://www.magazine9.jp/other/shimizu/
非正規でも、個人でも入れる「フリーター全般労働組合」一人で悩まず相談してください!
*****
3月の東日本大震災により、「震災切り」といわれる便乗解雇が発生するなど、労働者を取り巻く環境がますます厳しいものになっています。「突然解雇を言い渡されたり、おかしいと思うことにぶつかったときには、まずは相談してほしい」
フリーターでも、1人でも入れる労働組合「フリーター全般労働組合」の清水直子さんから寄稿をいただきました。
*****

【お知らせその2】

『労働法律遵法』(2011年6月上旬号)に「銀座クラブホステス賃金未払い事件和解」を書きました

「ユニオンネット 現場からの報告」というページに「銀座クラブホステス賃金未払い事件和解 不安定さを抱えて働く仲間の結節点としての組合」という原稿を書きました。

【お知らせその3】

自由と生存の野菜市が30回を迎えました

毎月第2・4日曜日は、恒例の「自由と生存の野菜市」です。原発事故後、野菜市も大きく売上が落ち込みましたが、30回目の前回、ようやく、やや持ち直しました。

6月・7月の野菜市のご案内
第31回 2011年6月26日(日)10時~16時
第32回 2011年7月10日(日)10時~16時
第33回 2011年7月24日(日)10時~16時

場所:新宿区愛住町3番「自由と生存の家」
地下鉄丸ノ内線四谷三丁目駅A2出口より徒歩3分
(消防博物館を出て右、交番の前を通って、ラーメン店の日高屋の角を右折、花屋前の小道を左折)

主催:自由と生存の野菜市実行委員会
電話・FAX 03-6273-2517(自由と生存の家実行委員会気付)
地図はこちら 自由と生存の家Webサイト http://freeter-jutaku.org/

毎月第4日曜日、四ッ谷「自由と生存の家」の庭で有機無農薬・低農薬の産直野菜を販売しています。
「自由と生存の野菜市」は、農家・生協と手を結んで、安全でおいしい野菜を地域のみなさんにお届けしながら、仕事作りを目指すプロジェクトです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »