« 「マガジン9条」の雨宮処凜さんの連載に登場しています | トップページ | これから自主営業が増えるでしょう »

「派遣切りホットライン」生活相談が圧倒的でした

12月5日と6日は、全国ユニオンが呼びかけた派遣切りホットラインの対応をしました。雇用保険が切れてからの生活困窮の相談が圧倒的でした。電話でずーっと生活保護と第二セーフティネットの説明をしていた感じです。

事務系で派遣で長期に働いていて切られた、特に地方はとにかく仕事がない、という相談が目立ちました。年齢的には40代、50代の相談が多く、家族のいる方の相談も多かったです。

昨年末のように、数としてまとまっている製造業を中心にした派遣切りのような現象はないかもしれませんが、もっと深いところで、当事者の力だけではどうにもならない状況が広がっています。

|

« 「マガジン9条」の雨宮処凜さんの連載に登場しています | トップページ | これから自主営業が増えるでしょう »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1009128/32574544

この記事へのトラックバック一覧です: 「派遣切りホットライン」生活相談が圧倒的でした:

» 財政赤字の累積問題は、高額所得者への累進課税と切っても切れない関係にあるのです [晴耕雨読]
>日本は貧富の差がそれほど激しくない。この程度の貧富の差は有って当然で無ければおかしい。 日本は貧富の差がそれほど激しくはないとおっしゃいますが、本当にそうでしょうか? 日本の貧富の差を考えるにおいては、課税最低限を例にとってみるのがわかり易いと思いますので、それを例に考えてみましょう。 課税最低限というのは、それより少ない所得の場合には税金を納めなくてよいという基準です。 実際の課税最低限はどうなっているでしょうか。給与所得者の場合を例にみてみましょう。 会社勤めの人は、毎年、源泉徴収票... [続きを読む]

受信: 2009年12月13日 (日) 18時32分

« 「マガジン9条」の雨宮処凜さんの連載に登場しています | トップページ | これから自主営業が増えるでしょう »