« 『週刊金曜日』に「国労闘争団の子どもたち」へのインタビュー | トップページ | アメ横でお買い物 »

「トランスジェンダーが安心して働ける職場を!」

ユニオンぼちぼちからの方からいただいた要請です。ぜひご協力を!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□■□■
■□■  トランスジェンダーが安心して働ける職場を
□■    すべての労働者が安心して働ける職場を
■   熊野の郷(株式会社キナン)は話し合いに応じろ!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 尾崎日菜子さんは2009年7月3日、株式会社キナンの経営する鳴尾浜温泉・熊野の郷に、性別が曖昧なトランスジェンダー(生来の性は男性、希望する性は女性に近い)であるという、それだけの理由で解雇されました。その後、労働組合に入り、会社と一度団体交渉をもちましたが、それ以降、会社は御堂筋法律事務所の代理人の指示に追随し、団体交渉を拒否し続けています。団体交渉を拒否している会社のやり方は「不当労働行為」であると、今後、京都府労働委員会に申し立てる予定です。
 *)労働組合法第7条2にあるように、「使用者が雇用する労働者の代表者と団体交渉をすることを正当な理由がなくて拒むこと」は「不当労働行為」です。

 尾崎さんの解雇は、労働者を使い捨てにする偽装雇用と、少数者に対する偏見・差別が結びついたものです。
 *)いわゆる「偽装雇用」とは、指揮命令があるなど雇用と見なされる働かせ方をさせておきながら、契約上は請負や委任というかたちにし、社会保険の加入などの使用者責任を免れる行為のことです。正確な人数は把握されていませんが急速に増えていると言われ、厚生労働省も「個人請負型就業者に関する研究会」を開くようになっています。
http://www.mhlw.go.jp/za/0901/d41/d41.html

┌┐
└■ 賛同と抗議FAXのお願い
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
◆尾崎さんから
 みなさんこんにちは。私は性別を理由に私を解雇した株式会社キナンと労働争議を行っている尾崎日菜子というものです。
皆さんに下記の趣旨に賛同していただき、会社に対する抗議のFAXをお願いしたいです。

◆組合から
 私たち関西非正規等労働組合(ユニオンぼちぼち)は、京都と大阪を中心に活動している、どんな働き方でも、一人からでも入れる労働組合です。http://unionbotiboti.blog26.fc2.com/
 過去、性同一性障害当事者の雇止め裁判を支援して以降、セクシャルマイノリティの雇用について考え続けています。尾崎さんの解雇は、労働者を使い捨てにする偽装雇用と、少数者に対する差別が結びついたものです。

 解雇の際に、「鳴尾浜温泉・熊野の郷」の支配人は、尾崎さんに性別の記載してある健康保険証の提示を執拗に求めてきました。そして、「男性」と表示してあると分かった途端、「性別を偽る人物は信用できない、他の従業員が悪い風評を流すおそれがある、顧客がクレームをいうおそれがある」といい、「ここで働くのは難しい、研修を終了する」と一方的に通告してきました。その時、「君の横顔は男に見える」といったセクハラ発言を長時間にわたって行いました。

 尾崎さんは、「委任契約」と書かれた求人を見て応募しましたが実質的に指揮命令や時間管理があり、組合は労働者性が認められると判断して、団体交渉の申し入れを行いました。会社側もそれに応じて一度は団体交渉を開催しましたが、不当な解雇、差別・セクハラ発言に関して、本社責任者は「現場(支配人)に任せている」と繰り返すばかりで、全く非を認めようとしませんでした。

 代理人となった御堂筋法律事務所も、「顧客からのクレームが容易に予想できる」という会社側のとんでもない解雇理由を追認し、「十分な回答をしたから新しい裏づけがなければ同じ要求については団交に応じる必要はない」と主張しつづけています。そして、不誠実な対応を抗議した組合に対し会社側は、「不誠実だったらどうなるんですか?」と開き直る始末です。
 このような会社の対応は、偽装雇用を使って、使用者の意に沿わない労働者を解雇するというきわめて悪質なやり方です。株式会社キナンと御堂筋法律事務所の行動を、私たちは許すことはできません。

 尾崎さんの性別と、熊野の郷でのマッサージの仕事内容は、解雇に結びつくような関係ではありません。熊野の郷では、男性も女性もマッサージの仕事をしており、異性同士が組み合わさることもあります。マッサージにおいて重要なことは性別ではなく、指の太さや圧の強さなどの顧客との相性です。相性が合わなければどのようなマッサージ師でもクレームの対象になりますし、相性が合えば性別は関係ありません。このような仕事において、なぜ尾崎さんのクレームの可能性だけが過剰に評価されなければならないのでしょうか。
 また会社が今回行ったような「○○はクレームが容易に予想できるから解雇をしてもかまわない」といった理由がまかり通れば、どのような労働者であれ安心して働くことなどできないはずです。
 今回は、「男性でも女性でもない生き方」を選んでいる尾崎さんが、そうした理由で解雇されました。しかし、その○○には、女性、障害者、高齢者、外国人、野宿者、フリーター、そして「お前」といった言葉が、使用者側の都合や気分、偏見で入れられるのです。

 偽装雇用と差別事件の合わさった今回の尾崎さん解雇は、労働問題であると同時に社会問題です。こうした不確かな理由による(とりわけ偏見と差別による)解雇・契約打ち切りは、撲滅しなければなりません。一人でも多くの人に知っていただけるよう、何卒、ご協力をお願いいたします。

以下、さらに詳細な経緯です。

┌┐
└■ 賛同メール
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 賛同メッセージをつけて、以下を(transbotiboti@yahoo.co.jp)までご返信ください。E-mailには活動の進捗についてご報告させていただきます。もしE-mailをお持ちでない方で賛同してくださる方で活動の進捗を受け取ってもよいという方は、住所あるいはファックス番号のご記入をお願いします。この賛同メールは、インターネット上(http://transbotiboti.blog89.fc2.com/)に公表するとともに、株式会社キナン・熊野の郷に団交要求書とともに提出する予定です。
---------------
「トランスジェンダーが安心して働ける職場を!」に賛同します。
・氏名(所属あるいは肩書きなど。なしでも可能)
・E-mail/受信可否
・賛同メッセージ
・公表の可否
・進捗メール受信の可否
---------------

┌┐
└■ 抗議FAX
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 以下を「0735-23-2339」にFAXしてください。自分の思いを語るなど、自分なりに文章を加筆修正していただいても、もちろんかまいません。
---------------------------------------------
〒647-0014和歌山県新宮市浮島1番25号
TEL:0735-21-3800/FAX:0735-23-2339
株式会社キナン
代表取締役社長 角口 孝幸 殿

団体交渉拒否に関する抗議

 株式会社キナンは、貴社の経営する鳴尾浜温泉熊野の郷を解雇された尾崎日菜子さんの雇用問題等に関して、即刻、関西非正規等労働組合(通称:ユニオンぼちぼち)との団体交渉に応じてください。
 鳴尾浜温泉熊野の郷は、2009年7月1日からマッサージ部門での研修を受けていた尾崎さんを、同年7月3日に尾崎さんの性別を理由に解雇しました。以降、関西非正規等労働組合は貴社に対して団体交渉を申し入れしていますが、貴社の代理人はかたくなに交渉を拒否し続けています。貴社の対応は、労働組合法第7条2に記されている一方的な団体交渉の拒否であり、不当労働行為にあたります。貴社は、誠実な話し合いへの参加を拒否し続け、社会的責任を放棄しているのです。代理人の言いなりになるのではなく、貴社は対応をあらためて関西非正規等労働組合と誠実に話し合いの場をもうけるべきです。

署名

2009年   月   日
---------------------------------------------

┌┐
└■ 株式会社キナン鳴尾浜温泉の不当解雇と差別発言
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
◆経緯
2009 年6月末に、尾崎さんは、温浴施設、熊野の郷の一部門であるマッサージ部門の面接をし、(尾崎さんは男でも女でもないと考えているので、性別記載覧を空白にしていました)、7月1日から研修が始まり、その際にIDの提示を求められ、尾崎さんは性別記載のない運転免許書を提示しました。ところがその二日後の
7月3日に再度「性別記載のあるIDをチェックさせて欲しい」と会社側から申し出があり、尾崎さんが「尾崎日菜子(男)」と表記のある健康保険証を提示したところ、熊野の郷側は「性別を偽る人物は信用できない、他の従業員が悪い風評を流すおそれがある、顧客がクレームをいうおそれがある」といい、「ここで働くのは難しい、研修を終了する」と一方的に通告してきました。尾崎さんはこの通告を事実上の解雇通告だと受け取り、熊野の郷を退職しましたが、この解雇は不当だと考え、ユニオンぼちぼちに相談し、解雇撤回と職場復帰、セクハラ発言に対する謝罪を求めて闘っています。しかし、会社側は謝罪するどころか、団交にも応じようとしていません。

◆セクハラ発言
尾崎さんは、熊野の郷の支配人から解雇を言い渡される際に、「君の横顔は男に見える」「良いとか悪いとかではないが君は他の人と異なっている」という発言を受けました。尾崎さんは横顔を指され異分子扱いされたことにひどく消耗し、傷つきました。さらに支配人は解雇を言い渡す際に、「前の職場の近くにゲイのハッテン場があり、そこから流れてくるゲイを追い払った」と自慢げに語りました。これはトランスジェンダーである尾崎さんを雇うと、熊野の郷がハッテン場になってしまうとほのめかした発言で、尾崎さんに対する直接的な差別発言であると共に、ゲイに対する差別発言でもあります。しかも、支配人個人だけでなく、株式会社キナンはこの発言に対する謝罪を一切行わず、開き直りともとれる見解を繰り返しています。この状況は会社ぐるみでセクハラを認めている、性差別企業です。

◆私たちの主張――解雇理由への反論
私たちの主張は、会社側にはセクシャルマイノリティが従業員にいた場合、すぐに解雇するのではなくて職場環境に配慮する義務があるというものです。
◇「従業員が不安になる」という会社の言い分に対して
⇒「トランスジェンダーと一緒に働くことに不安をもつ従業員がいた場合には、その従業員を教育して、トランスジェンダーに対する不安を取り除く必要があります」

◇「顧客からのクレームが予想される」という会社の言い分に対して
⇒ 「実際には、尾崎さんは顧客から何のクレームもつけられていないにもかかわらず、クレームのリスクだけを理由に解雇されました。もし仮に顧客が、尾崎さんが男であるという理由でクレームをつけたとしても、その顧客からの不安にひとまずは会社が対応すればすむはずです。仮にその顧客が理解してくれなかったとしても、それならば性別を気にしない他の顧客の施術を尾崎さんが担当すれば問題はないはずです。熊野の郷の一部門であるマッサージ部門では、同室に男女の客がおり、施術するマッサージ師も男女混合です。マッサージ師の男女二区分の性別は不必要な職場なのです」

◇「経歴詐称」という会社の言い分に対して
⇒ 「尾崎さんは正直に男でも女でもないので履歴書の性別記載覧を空白にしました。職務内容と性別は関係ないからです。そして実際に会社は私をいったん採用しました。尾崎さんについての信用を、仕事とは関係のない性別ではかること自体がそもそも問題なのであり、今回の会社の態度はトランスジェンダーに対する差別的な対応でです。マッサージする施術者はその職務内容からして、指の太さ、圧の強さ、接客態度で顧客から評価されるべきで、その人の性自認や性的指向性は問題ではありません。にもかかわらず、尾崎さんの性自認(トランスジェンダーであるという生のありかたそのもの)を理由に解雇した、株式会社キナンは、性の多様性を否定する差別企業です。」

以上のように、熊野の郷が述べた解雇理由は全てが納得しがたいものであり、この解雇は性別(性のあり方)を理由とした不当解雇、差別であると私たちは考えています。

◆株式会社キナンへの要求
以上の経緯により、私、尾崎日菜子は、株式会社キナンの経営する「熊野の郷」に以下のことを要求しています。
1 株式会社キナンはすぐに話し合い(団体交渉)に応じること
2 解雇を撤回して職場に復帰させること
3 トランスジェンダーなど性的マイノリティへの理解を社内で深め、セクハラ発言を謝罪して再発防止の仕組みを作ること

皆様には、以上の経緯をご理解いただき、私の闘いに協力・支援してくださるようお願い申し上げます。よろしくお願いいたします。

|

« 『週刊金曜日』に「国労闘争団の子どもたち」へのインタビュー | トップページ | アメ横でお買い物 »

お知らせ」カテゴリの記事

コメント

賛同しました。お知らせありがとうございます。

投稿: 攝津正 Linda | 2009年10月26日 (月) 13時55分

記事を拝見させていただきました。わたしの意見は、双方に非があるように感じました。
そもそもトランジェスター、性同一性障害などメディアなど通して知られてきていますが、一般的にその方々と接する機会がないのが現状であり、すぐに受け入れられない人も多からずいると思います。

あくまでわたしの意見ですが、なぜ雇用契約をかわした時点でトランジェスターであることを伝え、受け入れ体制を整えてもらわなかったのかと疑問に思います。
伝えることで周りの対応も多少変わってたのではないでしょうか。最初から知っているのと、後に判明するとでは大きな違いがあると思います。
最初からわかってもらっていたら従業者たちも理解しようという気持ちになっているのではないでしょうか?
後に従業者からの報告で判明した場合、職場の人たちはそぅだったのかと騙された気持ちが出てくると思います。
自身は違和感を感じているから、こうしたでは本人の気持ちの一方通行であり周りのみんなはわからないままだと思います。
従業員の不満が多くなれば会社もその意向を汲むでしょうし
浸透してない分、理解して受け入れてもらえるように歩みよりまだまだ努力していかなくてはならない部分も出てくると思います。

一方会社側の対応は悪いと感じます。
セクハラ発言にしろ、話し合いの場に応じ傷つけたことを謝罪するべきだと思います。
会社側の教育が出来ていないし、辱める発言をするそこの支配人?の人間性をどうかと思います。
監督管理を担うべき上の立場の者が、人権を侵す行為をして処分なしでは納得できません。
非を認めた上謝罪し、双方の意向を話し合い、進展し解決するよう祈っています。
基本的にまだまだ他人に理解されない事柄などはたくさんあります。
そんな中でも柔軟に理解し受け入れてくれる社会ができると、誰も苦しまず傷つかず生きていけるのではないでしょうか。
早くそういう社会になりたいですね。
長々と失礼しました。

投稿: カッシー | 2012年1月30日 (月) 10時47分

続報はどうなったのですか?
カプコン(ゲーム会社)のパワハラ自殺未遂
事件も、提訴したというだけで、事態が深刻なのに、
続報が出ません。
キナンは、新宮市の会社で、地元です。
建設機械のレンタルで友人の建設会社が、使ったこ
とがあるのですが、社長が、差別的なかたに見えな
いので・・・????です。
カプコンパワハラ事件と同様に、ネット検索しても
、何も続報が無いのはどうしてですか?
続報が無ければいいがかりと思われます。
私はキナンの関係者ではありません。
続報が無い(2012年末現在の状況)ので、一過性の
言いがかりのように感じます。
反論は結構です。
続報が掲載されたら”言いがかり”だとした部分は自動的
に撤回します。(続報があれば応援したいですね・・・)

投稿: | 2012年12月21日 (金) 21時50分

ユニオンぼちぼちに直接問い合わせてみてはいかがでしょう。
http://rootless.org/botiboti/main.htm
http://unionbotiboti.blog26.fc2.com/
http://transbotiboti.blog89.fc2.com/

投稿: しみず | 2012年12月22日 (土) 00時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1009128/31941582

この記事へのトラックバック一覧です: 「トランスジェンダーが安心して働ける職場を!」:

« 『週刊金曜日』に「国労闘争団の子どもたち」へのインタビュー | トップページ | アメ横でお買い物 »