« 『フリーター労組の生存ハンドブック』出版記念イベント | トップページ | 郵政民営化を監視する市民ネットワーク第5回総会&市民討論集会でお話させていただきました »

死んだらごみになるんだから

私がシンプルライフを目指すのは、自分が死んだら自分の物はどうせごみ、使わないものを抱え込んでいても仕方ない、と思っているからです。

以前、湯浅誠さんから声をかけていただいて、あうんhttp://www.awn-net.com/ で引き払いの仕事をしたことがあります。家庭内暴力があって今は誰も住んでいないお宅の荷物を運び出して片付けるという仕事でした。

あうんは、野宿者の仕事作りなどを目指して作られた労働者協同組合です。一緒に仕事をしていた元々野宿をしていた男性は、家があるから幸せとは限らないんだな、とおっしゃっていました。

その後も、今度は取材で再びあうんの引き払いの仕事をお手伝いしたり、自由と生存の家で退去者の荷物の片付けをしたり、と、本業はライターなのになぜか、引き払いのような仕事をする機会がたびたびあって、残したものはごみになるんだよな、という実感を強くしています。

捨てられなかったんだろうな、と思う紙袋がぎっちり詰まった紙の箱とか。大量の写真とか。「そのとき」がきたら、まとめてごみです。

そういったものに部屋の少なくない部分が占領されていて、どかすと後ろがほこりだらけだったりして。とっておくから、掃除できなかったんですね。

要らないものに空間を占領されて不自由に暮らすより、要らないものは思い切って捨てて、今住んでいる空間を快適にしたほうがずっといいです。

ただし、片付けられない人に、やたらと「死んだらどうせごみになるんだから」というと嫌がられる(笑)ので気をつけてます。

|

« 『フリーター労組の生存ハンドブック』出版記念イベント | トップページ | 郵政民営化を監視する市民ネットワーク第5回総会&市民討論集会でお話させていただきました »

シンプルライフ」カテゴリの記事

コメント

●なくてすむものが多いほど、それに比例して人は豊かだ●

この記事を読んでいて、二世紀ほど前、バックパッカーの輩出を予感したヘンリー・デビット・ソローのことばを思い出した。

投稿: 田中洌 | 2009年12月 4日 (金) 08時44分

田中さん
いつもブログを拝見しています。
含蓄のある言葉を教えてくださって、ありがとうございます。

投稿: しみず | 2009年12月11日 (金) 22時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1009128/31045841

この記事へのトラックバック一覧です: 死んだらごみになるんだから:

« 『フリーター労組の生存ハンドブック』出版記念イベント | トップページ | 郵政民営化を監視する市民ネットワーク第5回総会&市民討論集会でお話させていただきました »