« 桝添発言に元派遣村実行委員会有志が抗議文 | トップページ | 紀伊國屋書店でフェア 『フリーター労組の生存ハンドブック』 »

国立市公民館で

先週土曜日、国立市公民館でお話させていただきました。

http://www.city.kunitachi.tokyo.jp/kyouiku/07kyouiku/0704/070401/070401_03.html#1

自分らしく働きたい ―働く場は変えられる/作れる―

お話 清水 直子(フリーライター)

 働き方が多様化している現在、一言で「働く」といっても、そのことばからイメージされる姿は多岐にわたり、従来の「会社に雇われて仕事をする」形ではない働き方も増えてきています。
  今回はフリーター全般労働組合で活動しながら、若者の労働についてや、一般の会社とは違う仕事のあり方を目指す職場への取材を行っている清水さんに、取材や労働相談活動を通して感じたこと、ご自身がフリーライターとして働く中で感じていることなどをお話していただきます。
  「自分らしく」働くということ、働いて生きていく様々な可能性について、ご一緒に考えてみませんか。
〈清水さんの著作〉
『自分らしく働きたい―だれもが自信と誇りをもって』(大日本図書)、『おしえて、ぼくらが持ってる働く権利』(合同出版)他。

と き 8月22日(土)昼2時~4時
ところ 公民館3階講座室  ご自由においでください。

|

« 桝添発言に元派遣村実行委員会有志が抗議文 | トップページ | 紀伊國屋書店でフェア 『フリーター労組の生存ハンドブック』 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

私は民主商工会に勤めていましたが、思想差別を受けてむりやり退職届け書かされました。清水さんの書いてることはよくわかります。

投稿: ヤンウインリー | 2009年8月28日 (金) 19時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1009128/31115812

この記事へのトラックバック一覧です: 国立市公民館で:

« 桝添発言に元派遣村実行委員会有志が抗議文 | トップページ | 紀伊國屋書店でフェア 『フリーター労組の生存ハンドブック』 »