« 『フリーター労組の生存ハンドブック』アマゾンでも買えるようになりました! | トップページ | 神奈川の高校の先生の集まりでお話してきました »

9月1日『フリーター労組の生存ハンドブック』出版記念イベント

『フリーター労組の生存ハンドブック』出版記念イベント

9月1日(火)OPEN18:00 / START18:30
場所:「Asagaya/Loft A」(JR中央線阿佐ヶ谷駅から
地図:http://www.loft-prj.co.jp/lofta/map.html
※入場料:1200円(飲食代別)<当日のみ>
レジで『生存ハンドブック』を提示するかその場でお買い上げいただくと、入場料800円。

「自由と生存のメーデー」呼びかけ団体としてインディーズ系労組/独立系メーデー拡大の先駆けとなり、麻生邸への「リアリティツアー」ではYouTubeを活用して不当逮捕に反撃し、「派遣切り」の嵐のなかで労働組合みずから住宅供給事業にのりだす「自由と生存の家」プロジェクト――。近年のプレカリアート運動のなかで常に震源地となってきた「フリーター全般労組」。そのメンバーが、世界恐慌下で生きのびるためのあらゆる知恵とノウハウを結集した『フリーター労組の生存ハンドブック~つながる、変える、世界をつくる』がついに発売されました!

既存の労働組合や社会運動が影響力の低下に苦しむなかで、なぜインディーズ系労組は若者たちを惹きつけるのか?
フリーター全般労組とそこから広がりつつあるさまざまな運動のネットワークの熱気とこれからを、トーク+映像でお伝えします。閉塞しきった日本社会を根底から変えていくには、どんな議論やつながりやアクションが必要なのか?
未来を考えたいすべての人はここに集まれ!

第1部 「無敵(?)の団体交渉実践講座」
出演:山の手緑(フリーター全般労組組合員、フリーター労組で争議解決)
QT鈴木(フリーター全般労働組合組合員&管理職ユニオン専従オルグ)
★社長宅への直接行動の映像上映、模擬団交ほか

第2部 「“まっとうな労働者”でない者たちのつながりとは?」
出演:イダヒロユキ(「ユニオンぼちぼち」)
yoshiya(元ひきこもり、フリーター全般労組組合員)
たま(小卒フリーター、フリーター全般労組組合員)

第3部 プレカリ論壇大論争&未来のアクションに向けて
出演:萱野稔人(政治哲学)、田野新一(大学院生・プロレタリア文学研究・フリーター全般労組組合員)
その他

司会:清水直子、園良太
(『フリーター労組の生存ハンドブック』編著者、フリーター労組組合員)

090726_185701 写真は、7月26日に自由と生存の家のインディスペースで行われた出版記念イベント第1弾「こじんまり、ゆっくり話そう」編のすばらしいお料理。インディユニオンのみなさま、有り難うございました!

|

« 『フリーター労組の生存ハンドブック』アマゾンでも買えるようになりました! | トップページ | 神奈川の高校の先生の集まりでお話してきました »

お知らせ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1009128/30736794

この記事へのトラックバック一覧です: 9月1日『フリーター労組の生存ハンドブック』出版記念イベント:

» フリーター問題を考える [フリーター問題は学歴問題]
フリーターのやる気のなさは学歴が過度に重視されすぎている社会の歪みが原因ではないか。 [続きを読む]

受信: 2009年8月 3日 (月) 07時40分

« 『フリーター労組の生存ハンドブック』アマゾンでも買えるようになりました! | トップページ | 神奈川の高校の先生の集まりでお話してきました »