« 4月9日は高崎で謎の集まり | トップページ | 仕事のじゃまをする猫 »

自由と生存のメーデーに参加・賛同ください!

======================================================
自由と生存のメーデー09--六十億のプレカリアート
                                    May 1st-4th/Tokyo
blog:http://mayday2009.alt-server.org/
呼びかけ:フリーター全般労働組合
連絡先:03-3373-0180(tel/fax) union@freeter-union.org
======================================================

★ 5月1日 「ムービーメーデープロジェクト--自由と生存のメーデー09前夜」

[時間] 19時30分-23時30分
[場所] Asagaya Loft A (杉並区阿佐谷南1-36-16-B1)
[交通] JR中央線阿佐谷駅パールセンター街徒歩2分
[内容]

○ 第1部「『黄金の旅団と路上の星』ワールドプレミア」

2008年「ゴールデンメーデーウィーク」に全国の独立系メーデーを旅した「黄金
の旅団」の記録を上映し、監督・出演者+ゲストによるトーク。

出演:朴ゆん(映画『黄金の旅団と路上の星』監督)/yoshiya(黄金の旅団・
カンガルー担当)/たま(黄金の旅団に乗った野良猫)/鈴木剛 a.k.a QT
(フリーター労組副執行委員長)/松本哉(素人の乱5号店店主)
※ミラノ、ソウルのメーデー中継あり

○ 第2部「映像の力/悲惨な<自由>」

労働者運動・社会運動にとって役割は増しつつある映像。その可能性と限界、と
同時にメディアアクティビストたちが抱える困難を切開するトークセッション。

出演:イルコモンズ/藤井光(ムービーユニオン)/園良太(フリーター労組)

[チャージ] 1500円(前売 1000円)
Asagaya/Loft A 電話予約:03-5929-3445

★ 5月2日(土)「六十億のメーデー集会」

[時間] 14時半-21時(14時開場)
[場所] 東京ウィメンズプラザ・ホール(東京都渋谷区神宮前5-53-67)
[交通] JR山手線・東急東横線・京王井の頭線:渋谷駅下車徒歩12分
[内容]

○15時-16時半 「居住」をめぐるパネルディスカッション
求めるのか、奪うのか、作るのか。「居住」をめぐるさまざまな論点を話し合う
ディスカッション。

パネル:稲葉剛(住まいの貧困に取り組むネットワーク)/中島和之(山谷争議
団・反失実)/菊地謙(「自由と生存の家」実行委員会)

○17時-18時半 自由と生存のワークショップ
それぞれに身体と頭を動かして、民主主義と生存とたたかいを経験する。

ブース:民主主義の実践/生活保護取得/労働組合の作りかた

○19時-20時半 「生きることは『迷惑』か!?」ラウンドテーブル
全国の独立系メーデーをたくらむ人々のほかに、労働組合も労働組合ではないモ
ノも集合。生きることが
「迷惑」とされ退けられる社会について議論する。

出演:多数

★ 5月3日(日)「プレカリアートサウンドデモ」
[集合] 17時半 [出発]17時45分
[場所] 宮下公園 渋谷を一周!
[交通] JR渋谷駅東口から明治通りを原宿方面へ徒歩3分

<アフターパーティー>
19時宮下公園

★ 5月4日(月)「全国交流会」
都内

<実行委運営上の確認> 警察官と警察への協力者、および政治的立場の違いを
暴力によって「解決」することを実践し、その行為と思想を正当化し続ける人び
との参加はおことわりします。

 --------------      賛同のお願い      --------------
「自由と生存のメーデー 09--六十億のプレカリアート」への賛同をお願いしま
す。このメーデーの集会とデモは、賛同者の方々の支えなくして成立しません。
賛同していただける方は、このメールの最後にあるフォーマットに、「お名前も
しくは団体名」、「公表の可否」、「ご連絡先」を記入して、以下の連絡先のい
ずれかにご返信ください。よろしくお願いします。

<連絡先>
○メール:union(at)freeter-union.org
○FAX:03-3373-0180
○郵送:東京都新宿区西新宿4-16-13 MKビル2F フリーター全般労働組合

<賛同費振込先>
○郵便振替の場合
 00120-9-484797 口座名 自由と生存のメーデー実行委員会
○他銀行・ネットバンキングからお振込みになる場合
 ゆうちょ銀行 店番019 当座0484797 口座名 自由と生存のメー
デー実行委員会

--------------<キ リ ト リ セ ン>--------------
「自由と生存のメーデー 09」実行委員会に賛同します
※以下[ ]内は、該当するものに○をしてください。

〇お名前:(             )[団体・個人][公表 可・不可]
  (肩書きまたは所属:               )
〇連絡先:(集会関連情報をお送りします)
 (e-mail)
 (住所)[自宅・事務所]
 (電話)[自宅・事務所・携帯]      (    )        
 (FAX)     (     )
〇賛同費:[ 団体2000円 ・ 個人1000円 ]を[ 郵便振替・申し
込み時・集会当日 ]にて入金します。

|

« 4月9日は高崎で謎の集まり | トップページ | 仕事のじゃまをする猫 »

お知らせ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1009128/29286745

この記事へのトラックバック一覧です: 自由と生存のメーデーに参加・賛同ください!:

» 一網打尽をくぐり抜け、“プレカリアート”は歩く。 [ルンペン放浪記]
でっかいところはいずこも同じだ。いっていることは立派でも、やっていることはおれたちみたいなしものしものほうとは関係ない。「ここは、ちゃんとした組織労働者の来るところよ。ホームレスさん。なにか、御用?炊き出しなら、よそをあたって」と軽くあしらわれて、気まずい思... [続きを読む]

受信: 2009年4月25日 (土) 19時01分

» 人間が実際的に学問を積むことの意義。 [右近の日々是好日。]
 人間が実際的に学問を積むことには、どのような意義があるのだろうか。 『朝日ジャーナル 週刊朝日4.30緊急増刊』の30ページから掲載されているT先生の論文「”大づかみ”できなくなった日本人 なぜ米国、米国と言い続けるのか?」を読んで、私は考えた。  T先生は、日本社会において表層的な成績や立身出世が重視され、頭の訓練が浅くなった結果、歴史や国際社会を大づかみする能力を失った知識人や政治家が顕在化したと示す。江戸時代後期の、歴史や当面の問題を大づかみする能力を持った政治的リーダーたちは、漢籍に明る... [続きを読む]

受信: 2009年4月26日 (日) 10時25分

« 4月9日は高崎で謎の集まり | トップページ | 仕事のじゃまをする猫 »